📝【WE SCHOOL活動報告@愛媛県立松山東高等学校】

こんにちは。オチセンです。

少し前にはなりますが、愛媛県立松山東高等学校で、WE SCHOOL(シティズンシップ教育・主権者教育の出張講座)を実施しました!

この日は、高校1年生約360名が参加。参加者にとっては、入学後初めての講演会。

松山東高等学校では、毎年この時期に講座をさせていただいており、新しく高校生活や探究学習が始まる生徒たちに、「政治とは何か」「社会に参画するとはどういうことか」をテーマに、講演を行わさせていただいてます。

この日は、WONDER EDUCATION副代表の村上さんもアシスタントに!

グループで考えたり、ワークショップで理解を深めたり、これから3年間の学校生活を一緒に送る仲間のことを知る機会を作ったりと、双方向の学びの場を作ることができました😊

松山東高等学校の皆さん、ありがとうございました!


愛媛県では、県内の小中高校すべてを対象に、愛媛県選挙管理委員会による事業を活用し、「よのなかのしくみをみんなで楽しく学び合う」主権者教育講座を実施することができます。
(松山市内の学校の場合は、松山市選挙管理委員会の事業を活用することも可能です、)

また、2017年から務める総務省の事業を通して、「主権者としての資質・能力を育む」ことを目的に、より多くの学校や団体で主権者教育に関する講座やスケジュール策定に関わらせてもらっています。

興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせください!


■ 生徒の感想(生徒のパーソナルな部分に触れる内容が書いてあった部分ついては(中略)とさせていただいています。)

  • グループワーク活動をしたことにより、身近に考えを共有できて素晴らしい経験となった。
  • 対話を重視した取り組みが大切だということが分かりました!
  • これからは、相手の立場になって物事を考える、広い視野を持つことを目標に頑張っていこうと思いました。
  • 子どもだから政治には関係ないということはなく、政治についての考えを深め、意思表明することが大切なのだとわかった。
  • 今回の講座で自分自身、とても考えさせられるものがありました。「他人の立場」に立って考える、それはこちらの思い込みや自分が上に立つような気持ではなく、自分が相手の立場ならどうなのかを考えるべきなのだと思いました。政治に参加することは、高校生にはハードルが高いと思っていましたが、小学生でも参加できると聞いて、これから積極的に政治に興味を持ち、参加したいと思いました。
  • 社会の一員という表し方がいかにも日本らしくてカタイ。
  • めちゃおもしろかった。
  • (中略)高校生になった今、政治などに興味を持っていきたいと考えた。
  • 政治をより身近なものとして考えることができるようになりました。
  • 教育に関しての質問に対して、ていねいに答えてくださってありがとうございます。
  • 高校での失敗例がすごく身近に感じた。グループワークも挟んで考えを深めることができ、久々にとても内容が深く楽しい講演だった。
  • とてもいい経験ができて良かったです。
  • わかりやすい言葉で、たとえで、講演をしてくださり、ありがとうございました!相手の立場に立って考えること、社会の生きる意味を実感することを目標に努力していきたいと思います。
  • 政治に対するイメージが変わったので良かった。自分から積極的に行動できる人になりたいと思う。また、自分の意見をしっかりともてる人でありたい。
  • 政治や社会について、主権者のことなどを学ぶことは、遠くて難しいものだと思ってつき放したりするのではなく、実際、身近な例もあるし、できることもあるので、しっかり自分の考えを持つことが大切だと思った。とても良い講演をありがとうございます。
  • すばらしい講座をありがとうございました!親にたくさん話そうと思います。
  • 今からできることや、18歳になればできることがよく分かりました。
  • 社会に参画していくことはどういうことなのか、自分の考えを深めてくれる貴重な時間でした。ありがとうございました!!
  • 私は将来教員になりたいと思っています。その中で、ただ勉強を教えるのではなく、生徒1人1人と向き合い、人間にしかできない形で個性を引きのばしてあげる力というのが教員に必要とされているのだと学ぶことができました。高校3年間でさまざまな意見を持つ人達との関わり合いを通じ、人と関わる力、寄り添う力をのばしていきたいです。
  • 今までは政治にあまり関心がありませんでした。しかし、政治には私たちも参加していると知り、少し興味をもてました。
  • 答えのない答えを見つけることはむずかしいと思った
  • 今まで社会や政治について、自分よりも遠い存在でしたが、今回のお話のおかげで身近な存在だと感じられました。
  • 講義を通して、今の社会の実態や課題を知ることができました。また、それを知っただけでなく、将来を担う自分たちがどうしていくか、更に数十年後の若者たちにどうあるべきかを考え、行動に移すことが大切なんだと思いました。
  • グループワークがあっておもしろかった。
  • 政治は身近にあるけど、自分には関係ないものだと思っていました。ですが全然ちがっていることが知れました。
  • 分かりやすい説明と、対話を重視した授業で、とても分かりやすかったです。
  • 自分の思い込みで行動するのではなく、他者との対話を大切にし、主体的に課題に取り組める人間になりたいと思いました。
  • 選挙権を持っていない高校生でも、社会参画できることが日常で多くあることを意識して日々を過ごしたいと感じました。
  • 対話をしたり、相手の立場に立って物事を考える人間になりたいです。また、周囲の人と協力して物事を考え、答えを探していきたいです。
  • 今回の講義を受けて新たな発見や感じたことがたくさんありました。相手の立場に立って考えることは大切なことだとわかっていても本当に相手のためになる行動を見つけて実行することはとても難しいということを改めて感じることができました。18歳未満でも政治参加できると聞いたときにしようと思えば社会のために私ができることもたくさんあるのだとわかりました。社会に興味をもち、自分の意思を強くもつことを特に意識していきたいと思いました。これから新しい価値を生み出していくことができるよう頑張っていきます。
  • 数日前、岸田首相の演説前に爆発物が投げ込まれる事件が起きました。SNS等を見ても犯人を批難する投稿が多くなされましたが、一部にはこれをよう護する投稿もなされました。SNSでは、自分の見た記事やいいねをした記事と似たような記事が表示されます。なので偏った考えを持つ人が増えています。今回の犯人もそれに当たると思います。そういう中で、このような蛮行を防ぐためにも若いうちから自分の考えを持ち行動することが大切だと思いました。
  • 今までは政治というものに抵抗感を感じていて、あまり自分から学ぼうとは考えていませんでした。ですが、今回の講座を通して、政治に関心を持つことができました。これからは、政治への関心をさらに高めていき、社会の一員としてできることをしていきたいです。
  • 貴重によい経験になり、今回をきっかけにより社会に貢献したいと考えることができました。これからの生活を見直していきたいと思います。
  • 学校では教えてもらえない大切な内容だったので、このことを忘れずに、社会の一員となっていきたい。
  • 自分たちも政治に参加ができることを知れたので、自分の考えをもって生きていきたい
  • 満18歳になっていなくても、政治に参加できると初めて知りました。
  • 楽しく、分かりやすい講座で2時間があっという間でした。とても勉強になりました。ありがとうございました。
  • 政治に関するイメージが変わって、参加しやすくなったと思うので良かったです
  • おもしろかったです
  • 今まであまり考えたことがなかった題材だったので、おもしろかったです。 グループワーク、お話の内容、とてもためになりとても楽しかったです。本当にありがとうございました。

このほか、たくさんの質問もいただきました!ありがとうございました(^^)